友人に復縁の相談をされた

寝室の雰囲気が不眠症に影響を与える

夜眠れないと辛いものです。
いつまでも寝返りをうって、ようやく明け方にウトウト。
朝起きれずに遅刻・・・なんて、負の連鎖にもなりかねません。
初めは悩みごとや、体の不調で良い睡眠がとれなかっただけでも、それが何日も続けば不眠症になります。
精神を落ち着かせたり、眠りに導いてくれる薬などもありますが、自分自身で出来る改善方法はないのでしょうか。
まず寝室の環境を見直してみるのが手っ取り早いと思います。
寝具の固さ、厚みも重要です。
とくに枕や敷布団は、眠りに大きな影響を与えます。
それから室内の温度や湿度。
暑すぎるのも寒すぎるのも良くありません。一人で悩む前に不眠症でお困りの方はこちら。

 

湿っぽかったり、カラカラに乾燥しているのも眠りを遠ざけます。
それから光や音が気にならないかも気をつけてみましょう。
心地良く眠れるように、香りなどを工夫してみると良いかもしれません。
それからパジャマも快適なものを選ぶと、いっそう効果的でしょう。
「眠る」ことに意識が向き過ぎるのもよくないので、適度に音楽を流したり、リラックスできる雰囲気を作ることも大切です。